Shohei Toyoda

Shohei Toyoda
1985年6月15日 静岡県生まれ。
4歳の時に父の仕事により渡米。
高校を卒業するまでオハイオ州コロンバス市で過ごす。
一時帰国時に日本で聞いた、Jポップや日本のインストゥルメンタル音楽をきっかけに14歳よりアコースティックギターを弾き始める。

2004年バークリー音楽大学へ入学。
ギター学科でパフォーマンスを専攻し、John McGann, Tomo Fujita, Guy Van Duserなどの著名ギタリスト達からレッスンを受ける。Guy Van Duser氏にカントリーギターの原型、thumb-picking style(親指ピック奏法)を学ぶ。軽快なリズムを親指で保ちながら、その他の指でハーモニーやメロディを全て一人で奏でる事ができる、まるでバンドを演奏しているような奏法に魅了される。以後、カントリーをベースとし歌えるようなメロディーを奏でるギターを追求。

大学を卒業後はライブ活動やレッスン、コンテストに参加。

2012年より活動拠点を日本に!
関西を中心にライブ活動を全国的に行う。フィンガーピッキングやカントリーだけではなく、シンガーとして、サポートギタリストジャンルの垣根なく日本全国で活動中。