Something For All with Nagata

地元芦屋のユニット。二人は、高校生になる二人の娘のパパ友として出会い意気投合し、Something For Allを結成しました。

山村隆男(ベース)
芦屋生まれ芦屋育ち。甲南高校時代に結成した伝説のバンド”Count’s Jazz Rock Band”(カウンツジャズロック)のベーシスト。日本一のアマチュアバンドとして脚光を浴びました。ソロになってからは、アリス、矢沢永吉、井上陽水、加山雄三、河合奈保子など多くの有名アーティストと一緒に活躍。五輪真弓のバックで紅白にも出場。

有馬フランク(ヴォーカル・ギター)
英国の父と日本の母を持つ神戸生まれの、オーストラリア育ち。9歳からギターを持ち、10代では、ギターリストとしてシドニーのライブハウスで演奏。現在、日本で英会話教室を経営しながら、ヴォーカル兼ギターリストとしてライブ活動中。作詞・作曲した「Too Much Love」CD発売中。

ゲストギターリスト:長田伸一郎
1965年のベンチャーズ来日公演、8月ライブなどで前座をつとめ、第1回関西スーパー おやじバンドコンテストで優勝。 2008年2月に結成した、Nagata Rock’n Roll Club Band のリーダー。 芦屋川 リストランテ・ベリーニを拠点として活動。 月1回、カサ・ベリーニで参加者とセッションライブを開催。 Nokie Edwards, Kerry Marx, 安達久美、梶原順、Fridge、Nacomi、 エディ藩などと共演。 ジャンルはベンチャーズ、オールディズからロック、ブルース、ジャズなどを幅広くカバー