【巨人】2019年の契約年俸ランキングTOP5を紹介!1位坂本・菅野・丸?

今回は、プロ野球巨人ジャイアンツの2019年の年俸トップ5の選手を紹介しています。

2018年オフの契約更新情報を元にランク付けしています。

2018年の12球団の推定年俸ランキングにおいて、巨人は47億3110万円で2位にランクインしました。

ちなみに1位は4年連続ソフトバンクで、61億8590万円でした。やはり日本一になるだけあって年俸もすごいです。

2019年巨人ジャイアンツ年俸トップ5

第1位:菅野 智之 投手(先発)

2019年 年俸 2018年 年俸 獲得タイトル
菅野 智之(すがの ともゆき) 6億5,000万円 4億5,000万円 最優秀防御率
最多勝利
最多奪三振
沢村賞
ゴールデングラブ
ベストナイン
2018年の成績
  • 名前:菅野 智之(すがの ともゆき)
  • 登板数:28試合
  • 投球回:202.0(リーグ1位)
  • 防御率:2.14(リーグ1位)
  • 勝敗:15勝8敗(リーグ1位)
  • 完投/完封:10完投/8完封(リーグ1位)
  • 奪三振:200(リーグ1位)
  • 勝利:.650(リーグ4位)
  • 獲得タイトル:最優秀防御率、最多勝利、最多奪三振、沢村賞、ゴールデングラブ、ベストナイン

2019年の巨人ジャイアンツの年俸ランキング1位は菅野です。

6億5,000万円は巨人だけでなく、2019年のプロ野球トップの年俸額です。

更に、元横浜の大魔神佐々木主浩と並んで日本人最高の年俸額でもあります。

今や日本球界を代表する投手で、実績も

このままいけば、プロ野球史上初の年俸7億円もありえるかもしれません。

 

第2位:坂本 勇人 遊撃内野手

2019年 年俸 2018年 年俸 獲得タイトル
坂本 勇人(さかもと はやと) 5億円 3億5,000万円 なし
2018年の成績
  • 名前:坂本 勇人(さかもと はやと)
  • 出場試合:109試合
  • 打率:.345
  • 本塁打:18本
  • 打点:67打点
  • 獲得タイトル:なし

第2位は巨人一筋のキャプテン坂本です。

菅野に続いて大台である5億円に到達しました。

昨シーズンから1億5,000万円アップするなど、アップ額は自身過去最高額です。

しかし、昨シーズンの成績を見ると1億5,000万円のアップはどうなのかとも感じます。

恐らくFA移籍してきた丸の年俸を考えて、坂本のメンツを保つための上げ幅でしょう。

もしくは、入団以来、安定した成績を残している実績からの評価とも言えるかもしれません。

 

第3位:丸 佳浩 外野手

2019年 年俸 2018年 年俸 獲得タイトル
丸 佳浩(まる よしひろ) 4億5,000万円 2億1,000万円 最多出塁率
ゴールデングラブ賞
2018年の成績
  • 名前:丸 佳浩(まる よしひろ)
  • 出場試合:125試合
  • 打率:.306
  • 本塁打:39本(リーグ2位)
  • 打点:97打点(リーグ4位)
  • 出塁率:.468(リーグ1位)
  • 四球:130個(リーグ1位)
  • 獲得タイトル:最多出塁率、ゴールデングラブ賞

第3位はFAで広島から移籍してきた丸 佳浩です。

5年総額25億5,000万円と言われていますが、実際はこれよりも多いのかもしれませんね。

ここ3年の成績を見ると、

 

 

第4位:陽 岱鋼 外野手

2019年 年俸 2018年 年俸 獲得タイトル
陽 岱鋼(よう だいかん) 3億円 3億円 なし
2018年の成績
  • 名前:陽 岱鋼(よう だいかん)
  • 出場試合:87試合
  • 打率:.245
  • 本塁打:10本
  • 打点:37打点
  • 獲得タイトル:なし

第4位は2016年のオフに日本ハムから移籍してきた陽 岱鋼です。

5年総額約15億円の契約を結んだだけに、今後も3億円維持の契約が続くでしょう。

正直、巨人に移籍してきてからは年俸に見合った活躍をしているとは言えません。

にしても

 

第5位:山口 俊 投手(先発)

2019年 年俸 2018年 年俸 獲得タイトル
山口 俊(やまぐち しゅん) 2億3,000万円 2億3,000万円 なし
2018年の成績
  • 名前:山口 俊(やまぐち しゅん)
  • 登板数:30試合
  • 投球回:154.0(リーグ6位)
  • 防御率:3.68(リーグ7位)
  • 勝敗:9勝9敗(リーグ8位)
  • 完投/完封:6完投/2完封(リーグ2位/2位タイ)
  • 奪三振:144(リーグ5位)
  • 勝利:.500(リーグ7位)
  • 獲得タイトル:最優秀防御率、最多勝利、最多奪三振、沢村賞、ゴールデングラブ、ベストナイン

最後は

昨シーズンは7月中日戦でノーヒットノーランを達成しました。

 

まとめ

2019年巨人ジャイアンツの年俸TOP5の選手をランキングで紹介しました。

上位5人中3人がFA移籍選手と、巨人らしいといえば巨人らしいですね。

上位2人が生え抜きである菅野と坂本なのが、まだ救いかもしれません。

それにしても、菅野は今後どこまで年俸が伸びるのか楽しみでもあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)